検索

第3弾『劇団 時間制作』

『舞台「うるさくて、うるさくて、耳を塞いでもやはりうるさくて」再演』

【脚本・演出】谷碧仁


【出演者】

鈴木裕樹、松村沙瑛子


森高愛、岡田帆乃佳、北村健人、

西畑澪花、佐々木道成


大鳥れい


【日程】

2022年1月7日(金)~1月11日(火)

<全8公演>

1月7日(金) 19:00

1月8日(土) 13:00/18:00

1月9日(日) 13:00/18:00

1月10日(月)13:00/18:00

1月11日(火)14:00


【チケット発売日】12月上旬


【チケット代】6500円(全席指定席)


【公式HP】

http://zikanseisaku.com/


【お問い合わせ】

info@zikanseisaku.com


2013年に旗揚げ。以来、全公演の脚本・演出を主宰の谷が務めている。 上演前より公演への期待が口コミに寄せられ、毎回ほぼ完売の状態が続く。 動員数は小劇場ながら1作品2000人にのぼる。 旗揚げ公演より一貫して、社会的・政治的な問題を取り扱う。 知的障がい者がいる家族の依存関係を描いた『白紙の目次』、 殺人事件の被害者家族が生きる理由を追い求める『普通』など、 現代社会が抱える問題に演劇ならではの鋭い視点から切り込む。 また、緻密に計算された台詞・演出には人間の僅かな心の動きが投影されており、 そうして生み出された作品は、観客に「自分を取り巻く現実の物語」として、

強烈な印象を残している。


HP:http://zikanseisaku.com/ Twitter:@zikanseisaku